PROFILE NEWS LIVE INFORMATION DISCOGRAPHY
参加アーティストからのコメントが届きました。
BACK

今回曲を選ぶにあたって、デビューアルバムからずっと聞き直させてもらったんです
けど、もう普通にファンクラブの会長になりたくなりました。希望させてください。
よろすくがらす。

UA

 

 

Re: UA様へ

色の無いモザイクが、形を変えてプリズムのように光を放っていてきれいです。
盟友UA、いつもながらどうもありがとうね。もちろん、会長お願いします。
でも、いつ開設されるかな。(青柳)

20代前半に書いた曲が、こんな素敵になっちゃって、また日の目を見るなんて、感無量です。
U子ちゃんありがとう。(鈴木)

高良さん、新谷さんとのアンサンブル最高です…鳥肌です。
ファンクラブ会長などと言わず、いつでもメンバーになって下さい。(栗原)

 
クラムボン

イクジ、イクト、イクムへ
素晴らしき音楽への探求心、絶妙なバランス、体温、ユーモアをいつもありがとう。そのアブナイ火の粉を中学生の頃、テレビの中から、塾帰りのレコード屋から、うっかり口に入れてしまったアタイだよ。大きくなってバンドを組んだり、縁あってみんなと音を出せるようになって、ますますその火はメラついて、消えないよ。この曲は早朝(寝起き)、雨の小淵沢で録りました。なんちゅーかかんちゅーか、ラブレターでございやす。ラブいトリオからラブいトリオへ。分厚いリスペクトを込めて。20周年おめでとう。

原田郁子(クラムボン)

===============================
兄さん方、20年おつかれさまです。
これからも、勝手について参ります。

伊藤大助(クラムボン)

 

 

Re:クラムボン様へ

ラブいトリオさん、スタジオで大きな音で聴いたときの感動は、
それはそれは凄かったのですよ。原田イクジより(青柳)

素晴らしい。完全にクラムボンの曲になってますね。
もう、この曲あげちゃう。俺のじゃないけど。(鈴木)

雨混じりのイントロから徐々に、押し寄せる波へと移り変わる…。
最高のワインを味わっているみたい。またみんなと酌み交わしたい。(栗原)

 
くるり

小さな怪物達、とは出来の悪い冗談で…。
こんなバンドが20周年て、これまた恐ろしい…。
全員三番打者って感じのこのバンド、カバーするのは危険でした。
何でかって、負け試合になりますもん…。
この曲、録音はせーので一発、一切直しもしてません。
ドンカマも使ってません。
勢い一発の悪ふざけ、これしかあなた達に立ち向かう方法はありませんでした。
ご静聴ください。

岸田繁(くるり)

===============================

くるり鶏びゅ〜とのハイウェイに感銘を受け、
恩返しにと精一杯楽しんでレコーディングしました。
笑っていただけたら幸いです。
というわけで、20周年おめでとうございます。
素敵なアニバーサリーイヤーになりますようお祈りしております。

佐藤征史(くるり)

 

 

Re: くるり様へ

ホームラン出さなくても、二十年やれるなんてと本人たちも驚きです。
しかし、なんとガソリン臭い素っ裸な演奏でしょう。嬉しくなりました。
くるりのハードロック・アルバムって出さないんですか?(青柳)

ある日、リハスタにいったら、ちょうど上がってきたばかりのこの曲がかかってて、
てっきりアメリカあたりの格好いいバンドかと勘違い。ぶっとくて最高です。(鈴木)

カッコよすぎて腹抱えて笑い転げました!
このくるり版パワフル「MARKY WATERS」とLITTLE CREATURES版の「ハイウェイ」が
カップリングされたアナログ7インチ盤が売ってないものだろうか!(栗原)

 
コーネリアス

20周年おめでとうございます。
キーポン ロッキン!

小山田圭吾(コーネリアス)

 

 

Re: 小山田圭吾(コーネリアス)様へ

類い稀なるコーネリアス・ミュージックの素材になれて光栄です。
次は一緒にロッキン出来ることを楽しみに。(青柳)

上がりが一番早くてびっくりし、トラックの素晴らしさでさらにびっくりしました。
先輩、ありがとう。(鈴木)

先輩がまさかこの曲を選ぶとは…、しかもガッツリ歌まで入れてくれて…
小山田君の声、青柳と共通する所があるんだなぁ~と再発見しました!
カッコイイお母様にもよろしくお伝えください。(栗原)

 
SPECIAL OTHERS

20周年おめでとうございます!
冒頭、ボーカルを入れるかどうか悩みましたが、やはり入れませんでした。
スペアザ流アレンジにもなっているし、原曲の良さも失われていない、
最高の作品になりました。どうぞお聞きください。

SPECIAL OTHERS

 

 

Re: SPECIAL OTHERS様へ

原曲より完成度が高くて、、、テーマ後のギターフレーズが素晴らしいです。
自作曲というのを差し置いても、本当に最高の作品だと思いました。(青柳)

意外に原曲に忠実な前半部分から、どんどん逸脱していく後半へのながれ、
気持ちよく聞かせて頂きました。さすがです。(鈴木)

今年は野外フェス等で頻繁に一緒になる事が予想されます、
その都度、乾杯を繰り返したいと思いますのでよろしくお願いします。(栗原)

 
toe feat.コトリンゴ

Little Creaturesさま

デビュー20周年おめでとうございます!
そして、cover album「Re:TTLE CREATURES」に
参加させていただき、本当に有り難うございます。
なんというか、、あの、全てにおいて完成されたLittle Creaturesの楽曲を
僕らのような輩がカバーさせてもらうなんて。。。
ファンの方からヒンシュクをかうのではないかとビクビクしながらも、
一方では、「俺らも大ファンだしぃー。ヒンシュク上等。」などとも思いつつ、
引き受けさせていただきました!
人間の二面性って怖いですね。。

そんな、矛盾の権化みたいな僕らですが、
いつの日か一緒にライブなど出来ると嬉しいなぁ。。
などと希望というかプレッシャー的な圧力を匂わせつつ、
筆を置きたいと思います。
改めまして、20周年おめでとうございます!!

toe 山㟢廣和

 

 

Re: toe feat. コトリンゴ様へ

モダン、緻密、いいアレンジだなぁ、、こちらがオリジナルだと云いたいくらいです。
ライブ対バン楽しみにしています!柏倉くん、コトリンゴちゃん、ご無沙汰していますね。(青柳)

自分で作っておきながら、ほとんど忘れかけてた曲なんですが、まさか取り上げて頂けるとは。
しかもこんな格好良く。(鈴木)

この曲、恐らく作曲者である正人は存在を忘れてたんじゃないか?
コトリンゴさんとの組合せ、凄く素敵です。
「俺達にこんな曲あったっけ?」と思う位、もはやtoeの曲。
正人に言っておくので、この曲、toeのものにしちゃって下さい。(栗原)

 
トクマルシューゴ

2010年はちょうど青柳さんのソロアルバムの新鮮さに大満足していたので
20周年とは驚きです。おめでとうございます。

トクマルシューゴ

 

 

Re: トクマルシューゴ様へ

トクマルくん、このヴァージョンをカバーさせてほしいです。
ガムランみたいな音に、ハッとしました。
個人的には、いまだ実現していない、ライブ共演も是非!(青柳)

こういう色彩感のあるポップさって、自分たちに欠けてるところだな、、
勉強になります。(鈴木)

以前、日比谷野音でご一緒させて貰った時、お酒は飲まないとの事だったので、
今度是非お茶でも飲みに行きましょう!(栗原)

 
HIFANA & 鎮座DOPENESS


ニューアルバムそしてカバーアルバム、リリースおめでとうございます!
今回参加できてほんとに光栄っス!!これからもよろしくおねがいします☆
HIFANA

なんだか大人になった気分です。
鎮座DOPENESS

 

 

Re: HIFANA&鎮座DOPENESS様へ

こちらこそ、極東ビートミュージックの突端に居る二組に、
驚きの解釈とニヤリの新歌詞を返信してもらえて、嬉しかったです。(青柳)

当時の僕らの若気の至り感が消し飛ぶ感じで、壮快でした。
「いかないでくれ!」って、、。(鈴木)

今回、最も初期のこの曲が一体どうなるのか楽しみでした。
ユーモアとセンスがどっさりの、このレコーディング現場、そうとう楽しかっただろうな…。
浜田山のスタジオでご一緒の際は声かけさせて貰います。(栗原)

 
ハナレグミ

高校二年のとき、西荻の古本屋でジャケットにひかれて
NO VOTE NO VOICE を買ったのがクリーチャーズとのファーストコンタクトでした。 
WALKING ROUND IN CIRCLES の青柳さんの歌い声が好きで
何度も何度もリピートして聴いていました。 
あの時は春の日差しをあびて歩くだれかをこの曲に感じていました。
今回、僕は雪降る夜に、一人ざわざわして静けさに駆け出したくなっちまった〜てな気分で
かばりんぐ!! 

ハナレグミ

 

 

Re: ハナレグミ様へ

タカシくん、新設プライベートスタジオは落ち着きました?
墨絵で描かれた雰囲気抜群のR&Bですね。日本人で最も黒い味付けの声と改めて思いました。
みんなの大事な喉です。(青柳)

ハナレグミ節だなあ。良いなあ。そして、永積くんが歌う事で、
青柳のメロディーラインが実は意外と黒っぽい事に初めて気づきました。(鈴木)

いつも直オファー、受けてくれて本当ありがとう!
青い月夜のドライブを感じさせる、まさにロードムービー。
起動したばかりのハナレグミスタジオでの初音源というのも感慨深い…。
この音の質感、カッコイイなぁ…、今度スタジオ遊び行かせて貰いたいッス!(栗原)

 
向井秀徳

極限まで削ぎ落とされたオリジナルの「HOUSE OF PIANO」のサウンドに、
正直、「これ以上やることないやないか!!」と思いながら、挑みました。
新作をいつも楽しみにしております。

向井秀徳

 

 

Re: 向井秀徳様へ

向井くん、いつもありがとうございます。オリジナルのフレーズを結構拾ってもらっているのに、オルタナティブで突き抜けてくる声が乗ると、エッジの利いた最新音楽になっていました。驚き。(青柳)

原曲をぎゅっと絞ってソリッドな部分をぐっと抽出した感じ。
向井くんにしか出来ない音楽になってます。(鈴木)

バンドでもソロでも向井君のその世界感にはいつもブッ飛ばされます。
以前、ストーンズのカバー盤への参加依頼で始めて会った時の目力の強さを今でも思い出すなぁ~。
そうそう、映画サントラの「ニューヨークマラソン~農薬…」最高ッス!
今度一緒にパンクバンドやりましょう!(栗原)

 
PAGETOP
tone labels UNITED speedstarv tone (C) TONE & CO.,LTD. ALL RIGHT RESERVED.